レムリアンシードクリスタル|エンジェルラダー、シンギングクォーツ|セラデカブラル産|原石ポイント|125mm 109g|No.15

本家セラ・デ・カブラル産のレムリアンシードクリスタル原石です。セラ・デ・カブラル山脈はレムリアンシードクリスタルが初めて採掘された場所です。

この石の特徴

透明度が高くクリーンな結晶です。この石は珍しいエンジェルラダー入りです。LEDペンライト等で石の中を照らすと青いエンジェルラダーがみられます。エンジェルラダーは撮影が非常に難しく、一箇所しか撮れませんでしたが、実際には写真以外にも複数箇所に入っています。
石表面はあまり光沢がなく、ややフロスティーな質感をしています。これはこの産地にみられる特徴です。根本から中ほどにかけて目立つ剥離痕がありますが、石を右手で握った時にこの箇所がちょうど親指にフィットするのが面白いです。
また高音を発するシンギングクォーツです。指先で軽く叩くと金属的な澄んだ音色がします。

推定左水晶。レムリアンシードクリスタルは全てのチャクラに共鳴すると云われますが、この石は特に第7チャクラに響きます。頭頂から上に向かってエネルギーが開いて、宇宙に広がっていくかのようです。高い波動と女神的な慈愛を兼ね備えており、どこか女性の導師のような雰囲気がある石です。

レムリアンシードクリスタルとは

レムリアンシードクリスタルは、数億万年前に存在したとされる伝説のレムリア人が、現代人へのメッセージを残してくれた水晶だといわれています。
柱面に刻まれているバーコード状のラインは「レムリアンリッジ」と呼ばれ、レムリアの叡知が記録されてるといわれます。

ブラジル南東部のミナスジェライス州に位置するセラ・デ・カブラル山脈は、レムリアンシードクリスタルが初めて採掘された場所です。

お届けについて

メール便不可、宅急便コンパクトでお届けとなります。

 

石の詳細 レムリアンシードクリスタル
125×33×30mm 127g