虹入り!ブルースモーククォーツ|64.5mm 38.9g|コロンビア産|No.12

原子レベルのトンネルを持つ水晶

近年コロンビアで発見された珍しい水晶です。青い煙のようなインクルージョンがあるため「ブルースモーク」と呼ばれています。

この青い煙の正体は、なんと原子レベルのトンネルである事がカリフォルニア工科大学による分析で明らかにされています。
このトンネルを通って原子が出入りしたりするそうで…この水晶の中では一体何が行われているのでしょうか?実に不思議なクリスタルです。

− − − − − − − − −

レインボーが多数みられるポイントです。

先端付近は透明度抜群で、非常にシャープです。柱面にはバーコード状の条線がみられます。
根本付近にはリチウムを含むクーカイトが付着しておりオレンジ色になっています。
ポイントの中程から根本にかけて、ブルースモークのインクルージョンが入っています。
黒い背景でないと青みがわかりにくいのですが、ペンライトで照らすとくっきりと水色に光ります。
エンジェルラダークォーツに似ていますが発色原因が全く異なります。
太さのあるしっかりとしたポイントです。推定右水晶。

ソウルセルフにつながるクリスタル

ロシアンレムリアンの発見者であるキャサリン・クラコリーチェ氏は、この水晶を「パスウェイクォーツ」と名付けています。
結晶内のトンネルは天上界への秘密の通路なのだとか。

実際に手にしてみると、普通の水晶とは似ても似つかないエネルギーを持っていることがわかります。
陰でもなく陽でもなく。まっさらで、静謐。
私にはこの水晶が時間の無い領域につながっているように感じられます。

お届けについて

メール便OKです。

 

石の詳細 ブルースモーククォーツ(コロンビア産)
JesusMaria, Santander Province, COLUMBIA
64.5×22×19mm 38.9g