宝石質プラチナルチルクォーツ(ブルッカイトインクォーツ)|虹入り|スカルドゥ産ヒマラヤ水晶|4.2g|No.8

プラチナルチルクォーツは、黒い板状二酸化チタンのブルッカイト結晶と、そこから伸びる白銀色の針状二酸化チタンのルチル結晶の両方が含まれているクリスタルです。「奇跡の鉱物」と呼ばれるほど希少性が高く、ルチルクォーツの中で最も波動が高いのが特徴です。

現地業者より直輸入した本物のヒマラヤ水晶です。パキスタン北部スカルドゥ産。

宝石質の美結晶です。ハーキマーダイヤモンドと見紛うような透明感と光沢感をそなえています。ブルッカイトの板状結晶から生じているルチル針は光の加減でブラックから白銀色へと変化します。小さなレインボーもみられます。形の整った原石標本です。

ルチルクォーツの中で最も波動が高い石

プラチナルチルの根本にあたるブルッカイトは非常に高い波動を持った石です。意識とエネルギーを拡大させるパワーがとても強いのが特徴です。そのためプラチナルチルクォーツはルチルクォーツの中で一番波動が高い石となっています。
米国のロバート・シモンズ氏は、シナジー12と呼ばれるハイバイブレーションストーングループのひとつにブルッカイトを挙げています。

お届けについて

1点ものです。写真の品をお送りします。メール便OKです。

 

石の詳細 プラチナルチルクォーツ原石
Skardu District, Baltistan, PAKISTAN
25×15×13mm、4.2g