マニカラン産ヒマラヤ水晶|クロスクォーツ|94mm 129g|No.16

インド北部マニカラン産のヒマラヤ水晶クラスターです。

鉄分により全体にサーモンピンク色になっているクラスターです。2本のポイントが十字に接合しているクロスクォーツと呼ばれる形状です。この形状はキリスト教圏では非常に人気があります。根本付近は多数の小粒の結晶に覆われています。マニカラン産らしい温かみのある色合いのクラスターです。

マニカラン産水晶

マニカラン村は、インド北部ヒマーチャル・プラデーシュ州中央部のパールバティ渓谷に位置しています。
女神の名前が冠されたこの地区は、夫婦であるシヴァ神とパールヴァティー女神が仲良く暮らしているという伝説が残る神聖な場所です。

この地区の水晶は鉄分の影響でピンク色になったものが有名ですが、透明度が高いクリアーな水晶も産出しています。
見た目はわりと武骨な感じのものが多いです。概して瞑想向きの波動の高い水晶が多いようです。

お届けについて

1点ものです。写真の品をお送りします。メール便不可、宅急便コンパクトでお届けとなります。

 

石の詳細 ヒマラヤ水晶ポイント マニカラン産(インド)
94×76×40mm、129.2g