宝石質天然アメトリン|双晶&右水晶|カボション 9.7ct|No.3

最上級のボリビア産天然アメトリン(天然色)です。

クラックなし。内包物なし。表面の傷なし。透明で曇りなし。バイカラーの発色も良好です。
バランスの良いペアシェイプのダブルカボションです。

今回入荷分の中では一番小さいですが、縦の長さが17mmありますので、ペンダントなどに加工すれば存在感のあるジュエリーになると思います。

ボリビア産天然アメトリン特有の結晶構造

こちらはシトリン部分が右水晶(写真2枚目)で、アメシスト部分が双晶となっています。

このように、色の境界からはっきりと結晶構造が分かれているのは、シトリン部分とアメシスト部分が元々は別々の結晶として生まれ、それぞれが異なる電荷のFeを含んで成長し、それらが後に融合・一体化してひとつの結晶となったからです。

このような結晶が生成される条件を持つ環境はボリビアのアナイ鉱山周辺のみで、自然界では非常に稀有なものです。

また、この結晶構造から、このルースが本物のボリビア産であり、放射線着色や加熱による人工製品ではない事がわかります。

アメトリンの波動の高さは結晶構造に由来する

アメトリンが持つ高い波動は、双晶と結合した特殊な結晶構造から生まれます。

時折、シトリンとアメシストのビーズを交互につなげたブレスレットをアメトリンと称して売っているのを見かけますが、そういう物にはアメトリン本来のパワーは期待できないでしょう。

現世と常世をつなげる夕暮れ色の石

アメトリンは見る角度によって黄色と紫色が混ざりあい、夕暮れのような色に変化します。

古来より夕暮れは、現世(うつしよ)と常世(とこよ)がつながる境界の時間と言われてきましたが、まさしくアメトリンのエネルギーも同様です。

アメトリンは、世俗的な意識と霊的な意識をつなぐ架け橋となる石です。
アメトリンと共に瞑想すると、変性意識に入るのが容易になるでしょう。

お届けについて

1点ものです。写真の品をお送りします。メール便OKです。

石の詳細 宝石質天然アメトリン(ボリビア産) 17.1×11.9×7.3mm 9.7ct(1.9g)